数学セミナー2018年8月号[日本評論社]●デザインの仕事

2018-07-20 山田 信也

数学セミナー8月号。メディアガイドで紹介されている『見える!群論入門』もカバーデザインを担当しました。

IMG_20180713_211924741.jpg

コメント無し »

ヘッドホンを修理する

2018-07-20 山田 信也

JBL E40BTというブルートゥース接続のヘッドホンを主に通勤等の移動時間に使っています。2年ちょい前に1万数千円程度で購入しました。有線のイヤホン・ヘッドホンだと、すぐに引っ掛けて断線してしまって結構な頻度で買い換えるため、ちょっと奮発して無線のものにしました。ちょうど一年前くらいにイヤーパッドの縫い目のところが破れてきて、交換しました。このところヘッドクッション部分がボロボロになってきて、ここが破れてきたら、さすがにここは交換出来ないだろうから買い替えかなーと思っていた矢先、ヘッドクッションが破れるより先にまたイヤーパッドの縫い目のところが破れてきてしまいました。
IMG_20180711_222322617.jpg

イヤーパッドの耐用年数は1年なのか。イヤーパッドをまた交換するか、いっそヘッドホンを買い替えてしまうか。。E40BTの後継機種E45BTは1万2千円程度。充電ケーブルが専用からUSBに代わり、充電時間が短くなり、若干コンパクトになっています。E40BT用交換イヤーパッドは1600円くらい。イヤーパッドを変えてもすぐにヘッドクッションが破れて買い換えることになったら、、と悩みながら公式オンラインショップを眺めていたら、E40BT用交換ヘッドクッションというものを発見しました。白しかないけど。使ってるのはE40BTの黒だけど。イヤーパッドとヘッドクッションを交換してもうしばらくこのまま使うことにして、パッドを交換したのですが、それから2週間もしないうちにハウジングとアームのつなぎ目のところが取れそうになってしまいました。もう寿命なのか。ああ。

コメント無し »

中公新書2018年7月刊行の帯●デザインの仕事

2018-07-20 山田 信也

帯デザインを担当している中公新書の2018年7月刊行です。
『物語 アラビアの歴史 知られざる3000年の興亡』、『公家たちの幕末維新 ペリー来航から華族誕生へ』、『斗南藩―「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起』、『仏像と日本人 宗教と美の近現代』。歴史っぽい4冊です。

IMG_20180718_154102161.jpg

コメント無し »

サイエンスすてっぷ・じゃんぷ8月号●編集・デザインの仕事

2018-07-19 松村 小悠夏

和田がこの日の日誌に書いていた、鏡を使った撮影。
この見開きページを撮影してました。

ショートケーキと、枠のない鏡を求めて、5月の新宿をさまよった思い出があります。

ベネッセコーポレーション発行「こどもちゃれんじ」サイエンスプラスコース、
すてっぷ(4・5歳児向け)・じゃんぷ(5・6歳児向け)の実験ガイドです。
撮影は千代田スタジオさん。

コメント無し »

エア牛肉とはじめてのおつかい

2018-07-11 新井 美里

前回の日誌で「うっかりミスが多かった」と言いましたが、今回もミスの多い一日でした。

ミスはいくら気を付けていてもしてしまうもの。大事なのは間違えないようにどうするか工夫すること、と上野さんに教えて頂きました。例えば、確認のためにチェックを書き込んだり不安なことがあったら人に確認したり等々。頭の中で確認するよりも文字で書いたほうが確実です。そして必ず二度は確認すること。これは普段の生活の中でも心がけていきたいです。

さて、今日は読者プレゼントの牛肉について文章を作成しました。神戸牛に宮崎牛にサーロイン……私でも一度は耳にしたことがあるような高級牛肉が勢揃いしたデーターを読み、口の中に入れた瞬間にとろける肉を想像しながら作業をしました。もちろんそのような高級肉は食べたことがありません。うちはいつもいなげや(地元スーパー)の肉を母が美味しく調理してくれます。

それで今まで満足していたのですが、今回頂いたデーター以外にもインターネットを参考に色々と調べてみて、そんなに美味しいのなら死ぬまでに一度は食べたいなと思いました。赤身と霜降りの絶妙なバランス、絹のような舌触り、深いコク……というような肉に関する語彙が今日だけで一気に増えた気がします。

そしてその合間、植木鉢と土を手に入れるために、はじめてのおつかいをしてきたのですが結果は失敗に終わりました。渋谷で散々さまよった挙げ句、何も買えずに撤退をしました。百均ならどこでも売っているだろうという甘い考えが失敗の原因です。確認って大事ですね。

コメント無し »

あんふぁん2018年夏休み号●編集・デザインの仕事

2018-07-11 松村 小悠夏

サンケイリビング新聞社発行の、幼稚園児とママのための情報誌「あんふぁん」。
ポットでは、編集とデザイン両方請け負っているページ・デザインのみ請け負っているページを合わせて
だいたい毎号、全ページ数の1/3くらいを担当しています。

巻頭特集は、もうすぐ幼稚園がお休みに入るということで「ダラダラ夏休みが変わる ほめ育大作戦」。
イラストは柴田ケイコさんです。

ちなみに、左ページの見本の「ほめシート」はポットの那須に書いてもらいました。
字がととのっているって、うらやましいです。
●Webで全ページ読めます
https://book.living.jp/ebooks/enfant/enfant/tokyo/201808/index_h5.html

コメント無し »

沢辺の勝手メール●7.29(日)クロコダイルでライブやります・でます

2018-07-11 沢辺 均

たまに、メールのアドレス帳に載ってる人に、
片っ端から「沢辺の勝手に送りつけメール」というのをおくります。
おもに自分でやるライブの告知です。

ぼくは、ギターを少しやります。下手っぴです。
下手っぴでも、バンドでアンサンブルでやると、サポートしあえるのがいい。

歌とギターを両方やると両方に気がいってバラバラになるんで、
ボーカルが別にいたり、歌うときはギターをやめたり。
ギターでベース音・低音を強調するといいなってとこは、ベースにまかせ
リズムはドラムに合わせておけば狂いづらい、とかね。

で、地元神宮前二丁目の住人や働いてる人を中心に、
なんと憧れのクロコダイルでみんなでライブをすることにしました。
「神二音楽祭」としました。

素人バンドばかりだけど、
来てくれた人には楽しんで帰ってもらおう、とだけは
努力しようと思ってます。
どなたでも歓迎、もし来る方がいたら、当日声かけてください。
「ポットの日誌をみて来ました」と。
そんな人がいれば、僕がワンドリンクごちそうしますよ(笑)。

●以下、勝手に送りつけたメールです――――――――――
7.29(日)に原宿クロコダイルというライブハウスで「神二(じんに)音楽祭」というライブをやります。
沢辺も出場します(2つのバンドで)。12時から30分、15時から30分が、出番です。

神宮前二丁目という地元の音楽仲間で、クロコダイルを借り切ってみんなでやります。
地元の会社員・開業医・紅茶屋マスター・中華のスタッフ・美容師など、で。
もし「たまには見てやろう」という人がいたら、いらしてください。

「遠くで汽笛をききながら」のリード・ギター、
「コミック雑誌なんかいらない」「たどりついたらいつも雨降り」のボーカルなんかやるので、
沢辺を笑い飛ばすチャンスです。

当日ふらりと来てくれるのでも、沢辺にメールしてもらうのでも、
フォームから前売りticketを購入でも、かまいません。
(なんと前売りまで売るなんて、本格的でしょ(笑)

――――――――――――――――――――
神二音楽祭 in HarajukuCROCODILE
日時 2018年7月29(日)11:30開場 12:00開演
会場 原宿クロコダイル
渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
Tel: 03-3499-5205 明治通り沿い
渋谷駅から750m・9分 原宿駅から850m・10分
    明治神宮前駅から600m・8分
料金 当日2,000円・前売り1,800円(1ドリンク込)中学生以下無料
申込 お子様連れ大歓迎。
前売りは ▶http://eventregist.com/e/berami2018
12:00 神二楽団
寺沢/本多/ツトム/村林/沢辺/小川/アヤ
 ▶トランジスタラジオ/コミック雑誌/ずっと好きだったんだぜ、など
12:30 ELK HAIR CADDIS
 ▶全曲 オリジナル
12:45 みやさんバンド
 ▶海風/安奈/路地裏の少年/マネー/Jboy/ビッチ/ラズベリードリーム
13:15 はとのもりブラザーズバンド
 ▶スローなブギにしてくれ/涙のテディボーイ/風をあつめて、など
13:45 朝練部
 ▶Come Together/Brown Sugar/Oh,Pretty Womanなど
14:15 CurtainRail
14:30 narifuramu
 ▶初恋/今宵月の下で、など
14:45 カツオバンド
 ▶ロックとハニー/茜色の夕日/さよならカラー
15:00 勝手にTravelingBand
青んぼ/木谷マキ/ミナ/沢辺均/チッチ/本多羅々/朝倉克己
 ▶ダンシング ヒーロー/タイムマシンにお願い/遠くで汽笛を、など

*上記の予定曲はあくまで予定です、あしからず

情報 Facebook https://www.facebook.com/events/300488537153391/
主催 神二音楽祭実行委員会 03-3478-1774(ポット出版内)
――――――――――――――――――――

コメント無し »

command+sはとりあえず押しとく

2018-07-10 新井 美里

今日は文字直しと付け合せをしました。

作業をするときは主にMacを使用しています。学校や家ではWindowsを使用することが多いのでたまに混乱します。

MacはWindowsに比べてコマンドキーを頻繁に活用するので、なるべく多くの種類を覚えようと思いました。

タップタッチに加えショートカットキーを習得したらかなり作業効率が上がります。

しかし、速さよりももっと大事なのが正確さです。

今日はチェックを忘れていたり、チェックしたものに印をつけ忘れていたりと小さいミスが目立ちました。

速く素早く丁寧に。常に自分は間違っていないか、忘れていることはないか疑っていきたいです。

お昼には会長の飯島さんに近所の中華屋さんに連れて行っていただき、おいしい豆乳ジャージャー麺をご馳走になりました。

今度は一人で行ってエビチリを頼んでみたいと思います。

今回は日誌を書く時間がいつもより少ないので、これで失礼します。

コメント無し »

東京都足立区

2018-07-10 糸日谷 智

ポット出版の本が紹介されたわけではありませんが『寝顔に「ごめんね」言いたくない!』の著者・三浦りささんが
東洋経済ONLINEの記事 あの「足立区」が妙に盛り上がっている理由 に
顔写真付きで登場されています。

『寝顔に「ごめんね」言いたくない!』 は一部試し読みができます。

コメント無し »

アット・オウム

2018-07-06 糸日谷 智

オウム関係のニュースが流れてきていますが、ポット出版も

『アット・オウム』向こう側から見た世界

という本を2015年に刊行しています。

あのときから20年。
我々と彼らの距離はどれほどのものだったのだろうか?
誰もが思うオウムの「なぜ」。この問いにこそ、意味がある。

FJ311008.JPG

試し読み

Comments Closed

雑誌「サンキュ!」2018年8月号(ベネッセコーポレーション発行)

2018-07-03 上野 絵美

宮崎牛プレゼント、クーポン、「今月の深掘りッ!」をポットで担当しました。

IMG_2692.JPG

[プレゼント]デザインPermanent Yellow Orangeさん

サンキュ!8月号の詳細はこちら

Comments Closed

引き続きfactチェック

2018-07-03 新井 美里

先週に引き続き記事のfactチェックを行いました。

今日は就活の説明会があったため、いつもより遅めの13時出勤です。日々時間が足りないと感じながら仕事をしているのですが、今日は本当に一瞬で終わってしまいました。

factチェックは先週扱った記事のシリーズと同じものをやりました。地名や歴史、人名や住所がたくさん出てくるのでその出典を一つ一つ探し、証拠となるサイト画面をスクショをして印刷しました。改めて出典を探す作業の大変さが身にしみました。グー◯ルマップもWik◯pediaも出典の証拠にはなりません。一番信用できるのは公式サイトです。その公式サイトがうまくまとまっていない時があり……いや、それどころかしっかりまとまっているほうが少ないくらいでした。

読者の目に入るたった数ページを確認するのにたくさんの時間がかかりました。もちろんこの過程は記事を制作する上でのほんの一部分の仕事にすぎません。しかし、読者に正確な情報を伝える上で欠かしてはならない仕事です。もちろん私一人のチェックだけではなく、この後にも先輩の社員さん方が更に訂正をして何度も確認をしてやっとひとつの冊子が完成するわけですが、改めて世の中で出版されている印刷物全てにたくさんの時間と人が関わっていることを再確認しました。分かっていたつもりでしたが、実際に目の前で見て、自分が関わらないとなかなか実感できないものです。その過程に少しでも関わることができていることに感謝しつつ、今日も日誌に20分もかけてしまったことを反省し退社したいと思います。

明日は就活で一日お休みを頂いたので次は来週の出勤です。

Comments Closed

『田原俊彦論』青弓社●デザインの仕事

2018-06-28 山田 信也

青弓社単行本『田原俊彦論』のカバー・表紙・扉のデザインを担当しました。田原俊彦については、『教師びんびん物語』はなんとなく知っている気がするくらいで、あまりよく知らないのですが。。

IMG_20180628_160255559.jpgIMG_20180628_160330358.jpgIMG_20180628_160422797.jpg

印刷仕様
カバー
用紙●コート/四六判/Y/100kg
刷り●2C スミ+TOYO11049(金)+TOYO10071(赤)
加工●グロスPP
表紙
用紙●エアラス・スーパーホワイト/四六判/Y/200kg
印刷●1C TOYO11049(金)
加工●なし
見返し
用紙●レザック66・べに/四六判/Y/100kg
印刷●なし
加工●なし

カバー使用書体
筑紫A見出ミン・筑紫明朝B・筑紫オールド明朝R

Comments Closed

『戯曲 小鳥女房』試し読みできます

2018-06-28 糸日谷 智

もうすぐポット出版プラスより刊行の千木良悠子『戯曲 小鳥女房』

(7月4日にはB&Bで千木良悠子×高橋源一郎による刊行記念トークイベントあります)

ウェブ上で「試し読み」ができるようにしました。

戯曲、演出ノート、あとがきのそれぞれ2ページずつなので、ほんのさわり程度でしかありませんがご覧ください。

こちら

本の紹介ページはこちら

9784866420073.jpg - 23.16 Kb

Comments Closed

ネット情報の信憑性

2018-06-27 新井 美里

今日は記事のfactチェックをしたのでそれについて書きます。

記事の校正をするために行う「付け合わせ」という作業がありますが、記事が正しいか否か確認する上で注意するポイントがいくつかあります。

文章が日本語としておかしくないかの確認、表記の統一がされているかの確認(例:算用数字と漢数字)等々ありますが、その中の一つ「factチェック」は住所や著者などの情報が本当にあっているかどうか、という非常に重要な内容確認です。

今回は主に、記事が紹介しているお店の住所や電話番号、営業時間などの店舗情報とアクセス(掲載されている地図の指す位置)の確認でした。

説明を受けたときは「グーグルで調べれば出てくるな」と甘くみていたのですが、いざ調べると、公式サイトが見つからなかったり、グーグルマップの情報と微妙にズレた位置が出てきたりと、ネット上で正確な情報を探すことは思ったよりも大変でした。

情報検索は大学で司書課程を取る際に受講する、レファレンスの授業で散々やったと思い込んでいましたがまだまだ甘かったようです。

こういったチェックをしっかりして発行するからこそ、書籍のほうがネットに比べて情報の信憑性があるとされているので、間違った情報がないか見落としがないように細心の注意を払いました。

ネット検索をすることに慣れてしまっているので、普段の生活の中でも情報の信憑性の確認を心がけていきたいです。

Comments Closed

『おにぎりレシピ101 』紹介されました

2018-06-27 糸日谷 智

ウェブサイトの
絵本から広がる子育て「絵本ナビスタイル」で
「ありそうでなかった!日本語と英語で作る楽しいおにぎり本」として

『おにぎりレシピ101』が紹介されました。

やっぱり、おにぎりって大好き!

こちら

9784780802047.jpg - 21.49 Kb

Comments Closed

『タンタンタンゴはパパふたり』紹介されました

2018-06-26 糸日谷 智

ママと子どもの明日を応援!!

『月刊Little mama』の福岡版の

「ぴったりが見つかる 親子の絵本時間」というコーナーで

『タンタンタンゴはパパふたり』が紹介されました。

今月の質問「我が家はシングル家庭です。世の中には色々な家庭があるこをと伝えられる絵本はありますか?」という質問に対して、

3冊の中のうちの1冊に選んでいただきました。

選んだ人は、絵本と図書の親子ライブラリー ビブリオキッズ 司書の安藤さんです。

『月刊Little mama』のサイトではバックナンバーも含めてすべて読むことができます。

こちら

little_mama.JPG - 142.59 Kboyakonoehon.JPG

Comments Closed

10分に1時間

2018-06-26 新井 美里

今日は一日の大半をテープ起こしに費やしていました。イヤホンで聞きながらそのまま打てるといいのですが、タイピングが遅いためにいちいち止めながら打ち込んでいるので10分程度の取材を文字に起こすのにまだ1時間程度は掛かってしまいます。正確な指の位置を覚え、手元を見ず打てるように精進していきたいです。

その他は献本を包装する作業、ポットで記事を担当した雑誌の記事をファイリングするという作業をしました。

献本は、本を出版した際その本に関わった方々……例えば作者さんや作者さんに関わりの深い方、取材に協力してくださった方々など……に出来上がった本をお送りすることです。本を箱に詰めるときは、受け取った人が開いたときに天(書籍を立てたときに上に当たる部分。逆に下は「地」と呼ばれます)が上にくるようにするなどのマナーを教えて頂きました。

その出版された本は、以前少しだけ引合せをした際に原稿の状態でみたものだったので、本という形で自分の手元にあることに感動しました。

ファイリングは、雑誌をばらして記事ごとにまとめていく作業です。ポットが編集をおこなっている雑誌の中には、雑誌そのものを丸々一冊作っているわけではなく、その中の一部分だけを担当しているものがあります。取材をして文章やレイアウトを担当している部分もあれば、デザインのみを担当している部分もあります。それを来年の号の参考のためにファイルにまとめて保存します。

今回はやり方の説明を受けただけだったので、明日から早速はりきってやっていきたいと思います。

雑誌をカッターでばらしながら、昔ジャンプ本誌の好きな漫画のページだけを切ってファイリングしていたことを思い出しました。今は電子書籍の定期購読に移行し、カラーの時のみ紙で買っています。最近サボってそのままにしているので部屋にたくさん溜まっています。今度のお休みに久しぶりにファイリングしようかなと思いました。

2 件のコメント »

青弓社「猫神さま日和」●デザインの仕事

2018-06-26 和田 悠里

青弓社「猫神さま日和」
八岩 まどか(著)
A5判  160ページ 並製
定価 1800円+税
ISBN978-4-7872-2074-5 C0026

IMG_1767_1.JPG
IMG_1768_1.JPG

カバーイラストは石黒亜矢子さん。「招き猫と招福鼠」のイラストをお借りしました。

カバー
紙●アラベールスノーホワイト・四六Y・110kg
刷り●プロセス4C
加工●マットPP

表紙
紙●アラベールナチュラル・四六Y・200kg
刷り●特色1C TOYO10837(茶色)
加工●なし

見返し
紙●里紙柿・四六Y・100kg
刷り●なし
加工●なし

Comments Closed

青弓社「つくってあそぼう 本といっしょに、つくってかがくであそぼう」●デザインの仕事

2018-06-26 和田 悠里

青弓社「つくってあそぼう 本といっしょに、つくってかがくであそぼう」
吉井 潤(著) / 柏原 寛一(著)
A5判  148ページ 並製
定価 1800円+税
ISBN978-4-7872-3436-0 C0037


IMG_5598.JPG
IMG_1766.JPG
IMG_1765.JPG

写真はカメラマンの小泉賢一郎さん(著者撮影のものもあり)
工作の図案、表紙、中面のイラスト、カバーのコラージュ素材、手書き文字、手タレは著者の柏原 寛一さん
子タレはこっちゃんです。

面白い実験、工作がたくさん載っています。
「なんでこうなるの?」「不思議!」と言いながら撮影立ち会いしました。

Comments Closed