トランスジェンダーの原理
社会と共に「自分」を生きるために

神名 龍子
差別と偏見について。
性別について。
性的少数者と社会の関わりについて。
近代社会原理の再確認をしながら、1990年代初頭に日本初のトランス系ネットコミュニティ「EON」を創立し、2003年「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」成立に携わった経験から、マジョリティとマイノリティが「対立」ではなく「和解」へと進むことを考察する。…

担当から一言

【オビ掲載推薦文】
神名龍子の
『トランスジェンダーの原理』
を、わたしは
推薦する

竹田青嗣◉哲学者

神名龍子はトランスジェンダーで、私は在日韓国人だ。つまりよく似た経験の場所を生きてきた。そのころ、私もまた思い悩んでいた。マイノリティとはそういう場所で、いまでも多くの若者が、自分の存在の不可解さにはじめてぶつかり、言葉もなく思い悩んでいることを私はよく知っている。誰もこの経験を迂回できないのだ。
人は、この経験の不可解さに思い悩んだとき、不幸な者が神仏を求めるように自分を助けてくれる「物語」を求める。私の前にもそういう救済の物語があった(たとえば、民族的自覚)。しかしわけあって私は、この「物語」の船に乗れなかった。そのため、その不可解さを自分で考え続けるほかなかった。この本を読んで私は、まさしく神名龍子もまた同じ道を歩いていたこと、そうして、自己と世界について、時間をかけて独力で深く考え続けてきたことを知った。たしかに、ここにこそ「哲学」することの原型がある。ここには、「マイノリティ」を生きるという独自の経験についての、救済の「物語」ではなく、哲学の書がある。「差別と闘え」、はもちろん一つの可能な道だ。しかしここではむしろ、差別されるという経験が人間の心にもたらしうる深い傷に対抗して、自分の生を、自らの選択として生き抜くための道がはっきりと描かれている。私は、すべてのマイノリティ、不遇の者、不幸な者に、この本をこそ読んでほしいと願わずにいられない。

最新刊

肉人参/人畜無骸

肉人参/人畜無骸


[2021年06月刊行]
田亀 源五郎
 試験設計の全体像を概観しながら公務員採用における国籍要件と欠格事由【上・下】

公務員採用における国籍要件と欠格事由【上・下】


[2021年03月刊行]
岡 義昭 編著, 水野 精之 編著
 1980〜90年代の図書館少数者運動図書館にドン・キホーテがいた頃

図書館にドン・キホーテがいた頃


[2021年02月刊行]
東條 文規
 超福祉 インクルーシブ社会の実現に向けたアイデアと実践の記録ピープルデザイン

ピープルデザイン


[2020年08月刊行]
NPO法人ピープルデザイン研究所 編著, 鈴木 順, 平井 恭順, 近藤 武夫, 藤田 友子, 岩切 仁志, 神宮前二丁目商和会
柔術教師【復刻版】

柔術教師【復刻版】


[2020年04月刊行]
田亀 源五郎
 現代中国の叛史ドキュメンタリー作家 王兵

ドキュメンタリー作家 王兵


[2020年03月刊行]
土屋 昌明 編著, 鈴木 一誌 編著, 文海, 樋口裕子, 山根貞男, 藤井仁子, 劉文兵, 中山大樹, 山口俊洋
ふたりのパパとヴィオレット

ふたりのパパとヴィオレット


[2019年10月刊行]
エミール・シャズラン 作, ガエル・スパール 作, 中山亜弓 訳
ランスとロットのさがしもの

ランスとロットのさがしもの


[2019年10月刊行]
リンダ・ハーン 文・絵, アンドレア・ゲルマー 訳, 眞野 豊 訳
リベラルと元レンジャーの真「護憲」論

リベラルと元レンジャーの真「護憲」論


[2019年06月刊行]
伊勢崎 賢治, 井筒 高雄
倫理の起源

倫理の起源


[2019年04月刊行]
小浜 逸郎

ニュース

  • ポット出版●イベントスケジュール 2022-01-26

    ポット出版の今後のイベント予定です。

  • 営業予定のお知らせ 2021-08-06

    2021年8月12日(木)〜8月15日(日)の間、
    ポット出版ならびにスタジオ・ポットは休業させていただきます。
    8月16日(月)より、通常通り営業いたします。
    休業日中のポット出版の書籍のご注文は、メール(books@ [...]