1月のイベント盛りだくさん

2015-01-06 大田 洋輔

あけましておめでとうございます!

1月、ポット出版からは『アデュ〜 ポルノの帝王久保新二の愛と涙と大爆笑 エッチ重ねて50年!!』(著:久保新二、編著:石動三六、小川晋)が19日に発売、『アイドル=ヒロイン〜歌って踊る戦う女の子がいる限り、世界は美しい〜』(著:竹中夏海)が20日に発売で、2冊ほぼ同時の刊行になります。

それに合わせてイベントが続々!決まっております!


まず『アデュ〜』は
1月16日(金)〜21日(水)まで、神保町SPIN GALLERYにて、久保新二出演作品ポスター展
1月17日(土)には、高円寺パンディットにて、トークイベント
1月18日(日)は松本格子戸&三代目葵マリープロデュースのパフォーマンスショー
を開催します。


そして『アイドル=ヒロイン』は、
1月20日(火)にパルコブックセンター渋谷店にて、竹中夏海トーク&サイン会
1月21日(水)には東京カルチャーカルチャーにて、「妄想キャスティング会議」
を開催。

毛色は全く違いますが、どちらの本のイベントも濃い話が聞けること間違いなし!ですので、興味のあるものに足を運んでいただけたらうれしいです。

よろしくお願いします!

コメント無し »

写真展「水中ニーソプラス」スタート!

2014-10-24 大田 洋輔

10月20日(月)発売の写真集『水中ニーソプラス』の写真展が、原宿・Pater’s Shop&Galleryで本日からスタートしました!

昨年の「水中ニーソ」展と同様のアクリル加工を施した「水中っぽい」オリジナルプリントの写真作品が中心ですが、
点数を昨年より増量し、写真集未収録作品の展示も行なっています。
アクリル加工の作品の透明感は実物で見ないと感じられないものですので、ぜひお誘い合わせの上、
写真展会場までお越しくださいませ。

さらに今回は『水中ニーソプラス』から生まれた「水中ニーソニーソ」もぜひ注目していただきたいアイテムです。

「水中ニーソニーソ」という商品名ではありますが、特に水中で履かなければいけないわけではありません。
いつものコーディネートにかわいさをプラスするニーソとして、いろいろな人に履いてもらえたらうれしいです。

その他、水中の映像作品の展示やポスターや缶バッジなどの物販もあり、盛りだくさんの写真展となっております。
どうぞよろしくお願いいたします!

古賀学さんの在廊予定は、古賀さん本人のTwitter(@manabukoga)で随時ツイートしていきます。

写真展概要

古賀学「水中ニーソプラス」展
開催期間●2014年10月24日(金)〜11月5日(水)
※10月30日(木)休廊
会場●原宿・PATER’S Shop and Gallery
開館時間●12:00〜19:00
入場料●無料

ギャラリー情報

PATER’S Shop and Gallery
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-31-18
TEL.03-3475-4947 FAX.03-3408-5127
公式サイト●http://www.paters.co.jp/

コメント無し »

「潮目」展スタート!

2014-09-17 大田 洋輔


新刊『潮目〜フシギな震災資料館〜』(文:片山和一良、編・写真:中村紋子)の編者であり写真家の中村紋子さんの個展「潮目」展が、本日9月17日(水)から新宿・Bギャラリーでスタートしました!
会期は9月28日(日)まで。オープン時間は11時〜20時で、入場無料、場所は新宿東口のビームスジャパン6FにあるBギャラリーです。
写真集に収録しきれなかった写真500枚以上、1時間の映像展示、「潮目」断面模型(1メートル)などなど盛りだくさんでお届け!
20日(土)17時からは「潮目」製作者の片山さんのトークイベントもあります。
来たら「潮目」と片山さんのことを好きになる!はず!
ぜひ会期中に足をお運びください。

中村紋子「潮目」展

会期●2014年9月17日(水)〜9月28日(日)11:00〜20:00(会期中無休)
入場●無料
場所●
Bギャラリー(ビームス ジャパン 6F)
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-32-6 [Google Map]
TEL:03-5368-7309
http://www.beams.co.jp/labels/detail/b-gallery

コメント無し »

写真集「潮目」&「潮目」展

2014-08-15 大田 洋輔

今年の春から製作を続けていた写真集『潮目〜フシギな震災資料館〜』の色校などが終わり、来週末には見本が出来上がるというところまでやってまいりました。

この本は、岩手県の沿岸部にある越喜来(おきらい)地区の海の側に建てられた、遊び心あふれる震災資料館「潮目」についての写真集です。

東日本大震災で大きな被害を受けた越喜来地区に住む片山和一良さんが、津波で流された家のガレキを使って建てた手作りの震災資料館「潮目」には、度重なる増設により成長を続ける「潮目」の建築物としての魅力と、片山さんの行動力に惹かれ、県外からも人が集まり、大きなうねりとなっていっています。
6月には片山さん主導で「越喜来芸術祭」というイベントが2日間にわたって開かれ、ボランティアとして越喜来に通い続けるタレントのSHELLYさんや、茶道家の松村亮太郎さん、若手陶芸家グループの陶ISMなどが参加し、集まった人達と楽しい時間を過ごしました。

今回の本では、2011年の震災から、今年6月の「越喜来芸術祭」までの期間に、これまで「潮目」に関わってきた人々が撮影した写真を、編者である写真家の中村紋子がセレクトし、自ら撮影した写真と合わせて構成をしています。

それから、写真集の発売に合わせて「潮目」展の開催も決定しています!

場所は新宿のBギャラリー(ビームスビル6F)。
入場無料で、片山さんをお招きしたトークや、潮目の模型の展示などもありますので、
新宿にお越しの際はぜひ遊びに来てください。
会場では、写真集『潮目』の先行発売もしています。

タイトル:中村紋子 展覧会「USALYMAN」展・「潮目」展
日時:「USALYMAN」展_ 2014年8月23日(土) ~ 9月15日(祝•月)
11:00-20:00 (8月28日(木) 店休日)
「潮目」展_ 2014年9月17日(水) ~ 9月28日(日)
11:00-20:00 (会期中無休)
会場:B GALLERY (新宿 / BEAMS JAPAN 6F)
TEL:03-5368-7309

【レセプションパーティ】
日時 / 会場:8月23日(土) 17:00-20:00 / B GALLERY
*入場無料。どなたでもご参加頂けます。

【オープニング・ライブ】
日時 / 会場:8月23日(土) 17:00-17:30 / B GALLERY
出演:どついたるねん
*入場無料。どなたでもご参加頂けます。

【アーティスト・トーク】
「USALYMAN」展
日時:2014年8月24日(日) 17:00-18:30
会場:B GALLERY
ゲスト:末井昭(編集者)

「潮目」展
日時:2014年9月20日(土) 17:00-18:30
会場:B GALLERY
ゲスト:片山和一良(潮目制作者)

*参加費:無料
*予約定員制:先着30名様
*ご予約はB GALLERY(03-5368-7309)まで。

コメント無し »

7月の第三共進丸

2014-07-17 大田 洋輔

この前の週末に福岡に遊びに行ってきました。

いろいろ目的はあったのですが、ひとつは居酒屋「第三共進丸」への再訪。
以前の日誌にも書いた、「焼酎1杯100円(自己申告制)」の素敵なお店です。

3月以来、4ヶ月ぶりだったので船長(店長)の岡本さんにはすっかり忘れられていたのですがw
再度親睦を深め、アツい福岡の夜を過ごしてきました。

酒場放浪記的なお店がお好きな方はぜひ行ってみてください。

食べログ:第三共進丸

コメント無し »

ひつじのクッキー

2014-06-24 大田 洋輔

越喜来の京子さんから、ひつじのクッキーをいただきました。

岩手県大船渡市越喜来ではリグリーンというNPOが、津波の被害にあった土地の景観づくりのために羊を放牧していいます。

すぐ側には護岸工事のためのテトラポットか並んでいたりもするのですが、羊がむしゃむしゃと草を食べたりしている姿はとってものどか…

その羊にちなんだクッキーがひつじクッキーです。

耳はキャラメルコーンで、甘くておいしいです。

そんなところもある越喜来にある「潮目」という、これまた不思議な建物の本を現在制作中!

8月刊行の予定で進めております。
ご期待ください。

コメント無し »

越喜来芸術祭+ウツワノチカラ+シェリーのラフラブ開催!

2014-06-02 大田 洋輔

岩手県大船渡市越喜来にある不思議な建物「潮目」。
その潮目の製作者である片山和一良さんが仕掛けるお祭りが、今度の週末2日間にわたって開催されます。

参加は無料!

「潮目」がその名の通りたくさんの人が交わる場所になる2日間になると思いますので、
お時間のある方はご参加ください。

「潮目」が持つエネルギー、ぜひ現地で体感してみて欲しいです。

公式Facebookページ「越喜来芸術祭+ウツワノチカラ+シェリーのラフラブ」
関連記事:岩手日報:大船渡・越喜来に芸術集う 7、8日に復興イベント

越喜来芸術祭+ウツワノチカラ+シェリーのラフラブ

https://www.facebook.com/events/777393715613573/?source=1

<内容>
★陶ISMの13人の陶芸家による陶器市(広場) 参加作家 大澤哲哉/草彅桃江/斎藤知 /増田ひかり/村上佑 仁/SHIHO/横尾聡/浅田恵美子 陶ISM実行委員 井上塁/今井梨絵/岩下宗明/菅 原佳苗/二階堂明弘
★「ブラスアンティション トロンボーンカルテット」山口隼士/今込 治/今村岳志/永見 智
(広場)
★大船渡のシンガーソングライター束 Live(広場)
★中村紋子写真展(三陸駅舎の通路にて越喜来の写真展)
★うつらわ・ば/今井蒼泉+Hiroshi Koyu Suzuki
★大船渡バンド(広場)
★松村宗亮/茶道茶会(待合室)
★タレント・シェリーと仲間たちの友情出演パフォーマンス(広場8日のみ)
★大船渡東高校太鼓部演奏他 (広場)

<出店>●こまめ●産直組合/野菜や地元食●さんさんの会/軽食●コカコーラ/飲み物●松尾商店/地元食、他

◆主催◆
浦泊地区まちづくり委員会
陶ISMウツワノチカラ実行委員会

------------

当日、会場駐車場が込み合う事が予想されます。
是非!お得な三陸鉄道をご利用ください。

『越喜来芸術祭列車』  

【日付】6月7日(土)・6月8日(日)

【時間】
盛駅 発 11:00~三陸駅着 11:28
三陸駅発 14:40~盛駅 着 15:08

【運賃】500円(往復乗車券代)※通常「盛-三陸駅間」1,080円

【集合】10時30分(三鉄盛駅)

【締切】6月4日(水)※要申込み

【お申し込み先】三陸鉄道盛駅ふれあい待合室 (電話:0192-47-3542)

コメント無し »

お引っ越し

2014-05-14 大田 洋輔

先週、5月4日に野方から板橋へ引っ越しをしました!
野方に移ったのは2010年12月なので、約3年半。

震災とかいろいろありましたが、楽しい3年半でした。

久しぶりに引っ越しをして思ったのは、ネットに関する手続きがネットで出来ないとか、
郵便の転送届が簡単すぎてセキュリティ上どうなの?とか、そういうことでした。

前回の引っ越しの時も同じことを思ったような気もしますが、
自分の引っ越しが終われば忘れてしまうことなので、なかなか改善されないんでしょうね…。

当分引っ越す予定はありません。

コメント無し »

グアム

2014-04-16 大田 洋輔

4月11日から14日まで、お休みをいただいてグアムに行ってきました。
_D7K8913.jpg
目的はグアム国際マラソン・10kmの部に参加すること。
最後はバテバテになりましたが、無事完走してきました。

グアムは最低気温が25度の常夏…。
外を歩くだけで汗が吹き出てくる暑さでしたが、ただのんびりとあたりを見渡すだけの時間がとても幸せで、
また行きたいなと思いました。
次はハーフマラソンかな!

コメント無し »

福岡の夜

2014-03-25 大田 洋輔

先週の木曜日にお休みをいただいて、20日から22日まで福岡に行ってきました。

メインの目的はアイドルのライブなのですが、もう一つ大きなお目当てがありまして、それは夜の酒…。
福岡で合流した友人と、ライブが終わった後の興奮も冷めやらぬまま、赤坂駅近くの居酒屋「第三共進丸」へ。

昨年夏に初めて訪れて、「焼酎1杯100円(自己申告制)」という酒好きにはたまらないレギュレーションに完全にノックアウト(いろんな意味で)されたお店です。

「居酒屋放浪記」でも紹介されている、いいバイブスの店内でうまい魚とうまい焼酎を味わう最高の夜でした。

吉田類の酒場放浪記 #418 赤坂(福岡)「第三共進丸」

オススメはイカの活造りとゴマアジ!

2度めの訪問の今回は店の「船長」岡本さんとも仲良くなって、楽しい話もできました。
本当にいいお店です…。

天神の辺りを訪れた際は、ぜひ行ってみてください。

食べログ:第三共進丸

コメント無し »

10kmラン

2014-03-04 大田 洋輔

とある事情で4月13日に10km走ることになりまして、現在それに向けた準備をしています。

2月28日に靴を買い、家の近所を走り始めました。
まだ連続では3kmしか走ってないのですが、週に2kmくらい延ばしていって、10kmは走れるようにして臨みたいと思います。

早起きして走るの、意外と楽しいですね。

コメント無し »

関東近郊ツアー

2014-01-28 大田 洋輔

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

最近の私は、引き続きイチオシグループのPASSPO☆の関東近郊ツアー全参のため、
柏、高崎、水戸、北与野と関東各地を駆けまわる週末を過ごしております。

http://www.universal-music.co.jp/universal-j/passpo/news/2013/12/1214/

高崎、水戸レベルになると行くだけで2時間半とかかかりますので、
小旅行です。

それでも一度も行ったことのない街に行けるのはライブの楽しさの一つでもあるので、
行った先々でお酒を飲んだり、なんだかんだとやっております。

残りは川崎、宇都宮、熊谷、新宿。

新宿のライブが終わったら、泣いちゃうかもしれませんね…。

コメント無し »

今年の現場

2013-12-17 大田 洋輔

アイドル好きの間では、イベントやライブのことを総称して「現場」と言います。
1日に3つのイベントに行くときは「今日は3現場」とか、メインで行っているグループのことを「本現場」とか。

だいたい年末年始になるとその一年の現場の総括をしたりするのですが、自分もとりあえず今年の現場数を数えてみました。
2013年は予定も含めて124現場。
PASSPO☆94、LinQ16、藤井隆4、その他が10、という数になりそうです。
同じ会場で2公演の場合は2とカウント、
対バンの場合は目当てのグループ(ほぼPASSPO☆)に入れて数えています。
偏っていますね。

遠征は7回で、金沢、新潟、大阪、福岡、新潟、札幌、グアムにいきました。
お金がないはずで…。
名阪が少ないのは、地方のほうが旅行として楽しいのと、ライブに来る人が少なくて自由度が増すからです。

来年はその他のグループの数を増やしたいなと。
見聞を広めていきたいと思います。

コメント無し »

青波純ちゃんがすごかった

2013-10-31 大田 洋輔

10月27日(日)、ミスiD(アイドル)2014のお披露目イベントに私用で行ってきました。

ミスiDとは、「講談社主催の“新しいタイプの女の子”を発掘し、育てるオーディション企画」で、ポット出版が去年発行した振付師・竹中夏海さんの『IDOL DANCE!!!〜歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい〜』という本の表紙モデルをしてくれた玉城ティナちゃんは、ミスiD2013のグランプリを受賞した女の子です。

ティナちゃんは現在ViViモデルなどでバリバリ活躍中のスタイル抜群のモデルさんですが、今年のグランプリの青波純ちゃんはガラッと変わって、いまだ「原石のような何か」の12歳の女の子。

選考を通過したミスiD候補者が発表されるとすぐさま、その「すごさ」にアイドル好きの多くが慄いたのですが、何がどうすごいのかは言葉にするのがむずかしく、とにかく存在だけが拡散していったように思います。
純ちゃんのお母さんがSNSなどに詳しいようで、TwitterTumblrInstagramThe Interviewsなどさまざまな場所で差し出される純ちゃんの写真や言葉の数々は、楽しそうな純ちゃんの息遣いを私たちに伝えてくれました。

候補者の発表があってから約2カ月後、見事純ちゃんはグランプリに選ばれたのですが、一般のファンの前に姿を現すのはお披露目イベントが初めて。
これはぜひ生で目撃しなくては、ということで、朝から東京ジョイポリスのステージに行ってきたのでした。

生で見る純ちゃんはインターネットを通じて伝わってきた純ちゃんの存在そのもので、まっすぐで生き生きとした気配はひしひしと伝わってきたものの、笑わず、喋る声も小さく、いわゆる「器用な」振る舞いはまったくできない12歳の女の子でした。
それでも純ちゃんを見ていると心が洗われるような気持ちになるのはなぜか。
それは、不器用でもいい、それさえあれば人を幸せにすることができる、という「それ」を純ちゃんが持っているからなのだと思います。

その「それ」が何なのかはやっぱりわからないままなのですが、とにかくそうなんだ、と思わせる力が純ちゃんにはあり、実際にそこに立つ純ちゃんを見つめ、握手をしてすこしの言葉を交わした今、その思いはイベントの前よりも強くなっているのでした。

今後純ちゃんがどのような道に進むのかはまだわかりませんが、何者かになるのは間違いない女の子ですので、これからも注目していきたいと思います。

そしてこの、他のどのオーディションでも受からないけど、ここでは間違いなくグランプリだ!という青波純ちゃんを世に出したミスiDというオーディションのすごさ。すばらしいことだと思っています。

撮影タイムのときの純ちゃん。

他の女の子たちはカメラに向かっていろんな表情をしている中、純ちゃんのこの顔。

「明日のアイドルの話をしよう賞」を受賞した細川唯さんもすごくかわいいと思います。

コメント無し »

水中ニーソとPEPPER SHOPのイベントに出ます!

2013-09-20 大田 洋輔

来週火曜日、24日に阿佐ヶ谷ロフトAで開催される水中ニーソPEPPER SHOPのトークイベントに、なんと出演者として出させていただくことになりました。

PEPPER SHOP REBOOT記念!&『水中ニーソ』発売記念トークライブ

日時:2013年9月24日(火)18:30OPEN/19:30START
会場:http://www.paters.co.jp/“>阿佐ヶ谷ロフトA
 〒166-0004 杉並区阿佐谷南1-36-16-B1
 TEL:03-5929-3445
入場料:予約¥1,500 / 当日¥1,800(共に飲食代別)
ご予約は阿佐ヶ谷ロフトAウェブ予約にて受付中!
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=295

トークは「PEPPER SHOP」と『水中ニーソ』について語る4部構成。
第一部「アートとかデザインとか」
白根ゆたんぽ(イラストレーター)
今井トゥーンズ(イラストレーター)

第二部「オタクとかホビーとか」
高久裕輝(月刊モデルグラフィックス副編集長)
大森ちきぃ太(原型師・海洋堂でSHOW!?ナビゲーター)

第三部「水の中の女の子とかファッションとか美女とか」
前田紀至子(水中モデル)
トーニャハーディング(シンガーソングライター・美女冒険家)
大田洋輔(ポット出版「水中ニーソ」担当編集者)

第四部「ごちゃごちゃに」
出演者いろいろ

という予定になっておりまして、自分は第三部です!
自分以外のメンバーが超豪華でヤバい!

19時半スタートですので、お仕事終わりにお立ち寄りくださいませ。

コメント無し »

初めて夏フェスに行って来ました

2013-08-09 大田 洋輔

夏フェスのイメージって、だだっ広い空間で、20代の男女の6人くらいのグループが、フード付きのタオルとか被って酒飲みながら芝生に座って音楽聞いたり、テントでセックスしたり、といった感じで「縁がないかな〜」と思っていたのですが、先日開催されたROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013に大好きなPASSPO☆が出るということで、友人と一緒にひたちなかまで行って来ました。
初日の8月2日(金)。朝6時頃家を出て、最寄り駅で電車を待っていると、どうみてもロックフェスに行く格好の若者2人組を早くも遭遇し、なんてこった、と思いました。
その後高田馬場で山手線に乗り換えると、フェスへ向かう若者が次々と集まっていく感じ。上野駅に到着してもそんな人ばかりで、会場に着く前から規模のでかさを感じていました。

PASSPO☆の出番は午前中のDJ BOOTH。出番の2時間くらい前につくと、わりとスカスカ。意識の高いパッセンジャー(PASSPO☆ファン)と研究員(BiSファン。BiSもPASSPO☆のすこし後にDJ BOOTHでライブ)数人が最前列にいたので入れてもらって、適当に過ごしておりました。

PASSPO☆のライブの様子はオフィシャルのレポートなどで確認していただいて。

その後はメインのグラスステージで、きゃりーぱみゅぱみゅを出来るだけ近くで見たくて3列目まで行ったり、マキシマムザホルモンを後ろのほうでビール飲みながら眺めたり、再びDJ BOOTHに行ってLinQを最前列で見たり、寝転がって秦基博聴いてたら注意されたり、あちこち行って楽しみました。

実際行ってみて何が楽しかったかというと、いろんなところで食べ物とビールが売っているので、屋外の開放的な場所で、何万人と一緒に音楽を聞いてウェーイ!とやって、ビール飲んでウィー!とやって、また音楽聞いてウェーイ!酒飲んでウィー!
これが楽しいですね。

みんなでモッシュとかは、知らない音楽オタの汗だくの肌がビチョビチョ付いて嫌ですが、のんびり酒飲んで音楽が聞けるのがいい。

ということを学んだ一日でした。
ちょっとお金はかかりますが、また目当てのグループが出るときは行ってみたいなーと思います。

コメント無し »

10kgくらい痩せたけどほとんど気づかれない

2013-07-12 大田 洋輔

今年の春頃、『アイドルのいる暮らし』にも出ていただいた、中野ロープウェイ店主のイトウさんから「チョコレートダイエット」というものを教えてもらいました。

それは、「お腹が空いたらチョコレートを食べる。他のものは食べない」というダイエットです。

話を聞いたときは、そんなの無理に決まってるじゃないですか!と思ったのですが、激ヤセした伊藤さんの姿と、同じ話を聞いてチョコレートダイエットを始めた友人の報告などから、自分もチョコレートダイエットをすることにしました。

ただ、「チョコレート以外は食べない」というのはどうしてもつらそうだったので、「一日一食。それ以外はチョコレート」という決まりにしました。

で、実際始めてみたところ、最初の2日くらいは空腹で「うおー!」という感じだったのですが、だんだん胃が小さくなってくると、食べないことは全然苦ではなくなってきました。
「夜になったら食べられる」というご褒美があるのも、いいのかもしれません。
夜は本当になんでも食べていて、ラーメン二郎やゴーゴーカレーなんかも行っています。
そして、週末は飲みに行って満腹になるまで食べたり、時には一日二食食べたり、だいぶぬるい感じ。

それでも5月の中頃から2か月で約10kg痩せ、今日社内で初めて「痩せた?」と言われました。

スタート時は「7月末のTIFまで続ける」と考えていたのですが、あと5kgくらいはいけそうなので、その目標に届くまで体重を減らしてみようと思います。

コメント無し »

朝日新聞の読書面に『アイドルのいる暮らし』の書評が載るようです

2013-06-13 大田 洋輔

朝日新聞では毎週水曜日に、次の日曜日の読書面に掲載される本のリストが公開されるのですが、6月16日(日)の掲載予定リストの中に、岡田康宏さんの『アイドルのいる暮らし』が載っていました。

次回の読書面 | BOOK asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

どのように取り上げてもらえるのかまったくわからないのですが、いまから掲載が楽しみです。

ちなみに、以前『IDOL DANCE!!!〜歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい〜』が同じく読書面で取り上げられましたが、このときは書評ではなく、「著者に会いたい」という著者インタビューのコーナーでした。

IDOL DANCE!!! 竹中夏海さん – 宮本茂頼 – 著者に会いたい | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

コメント無し »

大阪でバーベキュー

2013-05-13 大田 洋輔

もう1週間経ってしまいましたが、今年のゴールデンウィークも大阪に行って河原でバーベキューをしてきました。
大阪在住の友人主催のバーベキューです。

アイドルのライブのために遠征をするようになってから腰が軽くなり、国内ならわりと普通に出かけるようになったのは、いいことだなーと思います。
東京・大阪の夜行バスなら片道4000円で寝てる間に行けますからね。

さらに気兼ねなくいろいろなところへ行けるように、稼いでいきたいと思います。

コメント無し »

『アイドルのいる暮らし』がもうすぐ出ます。

2013-03-27 大田 洋輔

AKBやももクロ、モーニング娘。など、アイドルの話題に触れることも多い今日このごろ。

また、アイドルに関する本を出します。

タイトルは『アイドルのいる暮らし』。4月5日(金)発売予定です。
アイドルムーブメントを支える現場のファン10人に聞いた、「踊って騒いで」だけじゃない、アイドルの楽しみ方をまとめた本です。

年齢は20代から50代まで。既婚者が4人、離婚経験者が1人、子供を持つ人も2人。社長が1人、会社員が6人、自営業が1人、隠居が1人、職業不詳が1人。それぞれに違った考え方を持つ10人の大人のアイドルファンが語る、「大の大人がアイドルにハマっている理由」。

2012年5月から12月までTOWER RECORDS ONLINEで連載していた全9回に加筆・修正を加え、単行本のみの内容として、タワーレコード社長 嶺脇育夫の「アイドルのいる暮らし」と、ももいろクローバーファン座談会を収録しました。

表紙には2013年ブレイク必至のソロアイドル「いずこねこ」を起用し、アイドル専門レーベル「T-Palette Records」を立ち上げるなど、アイドル・ミュージックを積極的に発信し続けるタワーレコードの新宿店にて撮影!

4月9日(火)に情報環境研究者でAKB48、そして怪傑トロピカル丸のファンである濱野智史さん、音楽ライター・編集者である柴那典さんをゲストにお招きしたトークイベント
4月28日(日)には表紙モデルになっていただいた「いずこねこ」さんのインストアイベントに合わせたサイン会が決まっています

ウェブ公開時のものはそのままですので、まずはそちらから見てみてください!

コメント無し »