図書館とメディアの本 ず・ぼん11 図書館のコスト・船橋西図書館の蔵書廃棄事件

発行:ポット出版
ず・ぼん編集委員会 編
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-939015-82-3(4-939015-82-3) C0000
B5判 / 192ページ /並製
[2005年11月刊行]
印刷・製本●シナノ
書籍のご購入は右側から ⇒


内容紹介

図書館とメディアの本、『ず・ぼん』の11号。コストという面から図書館を考えた記事を2本掲載。また、2005年7月に最高裁判決が出た「船橋西図書館の蔵書破棄事件」について取り上げた。他にも、TRC代表取締役会長・石井昭氏へのインタビュー「図書館をサポートする仕事」など。

目次

●図書館のコスト

○公立図書館を貸本屋に見立てて損益計算書をつくってみた[文●沢辺均]

○[ドキュメント]町田市立図書館の予算編成過程と分析

 公立図書館の予算[文●手嶋孝典]

●船橋西図書館の蔵書廃棄事件を考える

○[編集委員座談会]図書館にとっての問題は何だったのか?

○不可解な事件[文●東條文規]

○どこかに[右翼と左翼]という図式でモノを考えてたところがあったんだと思う[文●沢辺均]

●[インタビュー]TRC代表取締役会長・石井昭氏

 図書館をサポートする仕事

●写真で見る図書館②

 ブックカバー技

●貸与権・著作権を考える

 書籍・雑誌への貸与権の適用と図書館[文●末廣恒夫]

●国立国会図書館での講演録

 国立国会図書館への評価と期待[文●岡本真]

●タコシェ店主、中山亜弓が選ぶ

 森繁久彌の本[文●中山亜弓]

●[インタビュー]「よりよい練馬区の図書館をつくる会」

 図書館と住民

●図書館の委託③……大田区・委託の現在

○図書館利用者アンケート

○大田区議会の図書館委託とアンケートをめぐる議論

○大田区の委託料2005年度

●インターネットの書籍流通

 オンライン書店の在庫表示[文●須田正晴]

●編集後記

関連リンク

[ず・ぼん全文記事公開] ず・ぼん11 タイトル一覧




コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.