図書館とメディアの本 ず・ぼん1 ある自画像の受難

発行:ポット出版
ず・ぼん1編集委員会 編
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-939015-04-5(4-939015-04-1) C0000
B5判 / 140ページ /並製
[1994年04月刊行]

書籍のご購入は右側から ⇒


内容紹介

※在庫が大変少なくなっているため、お求め頂けない場合がございます。ポット出版までお問い合わせください。



86年に開かれた「'86富山の美術」展に絡んで起きた問題で、突然の作品の売却、図録の焼却処分にまで及んだ「富山県立近代美術館・図書館事件」を特集。ほかに、「このごろの出版流通」「このごろの図書館業界」。



目次

ず・ぼんの夢







特集●ある「自画像」の受難



富山県立近代美術館・図書館事件







マッカルデン事件とカリフォルニア図書館協会



川崎義孝







図書館を考えるために●選書



根本彰







このごろの出版流通(1)



『週刊金曜日』の流通



長岡義幸







このごろの出版流通(2)



出版流通をめぐる願望と成果



北川明







このごろの図書館業界



どうなる!? 調布の財団委託



山口源治郎/横川武志/小池信彦/手嶋孝典







図書館にみえる困ったやつ



としょかん・太郎







図書館人のための整体診療室(1)



佐藤朋弥/長浜哲







わたしの図書館うちゅう



新海きよみ







本の源流



藤島二三夫







アフリカダイコのつくり方



駒沢レオ







あなたの図書館体験







サビプロ●北海道の出版社

前書きなど

 図書館界に論争がなくなった、静かになったと思う。かって「貸出至上主義」をめぐる論争が、コンピュータ導入是非論が、図書館事業基本法が、さらにその前には専門職論が、「ピノキオ」の取り扱いと評価が、賛成者・反対者の顔や立場を鮮明にしながら争われた。(中略)



 私達は自らの素材であり武器である出版物を、その生成と流通の過程に顧慮することなく、自然物のように扱えるほど素朴ではいられない。出版物およびその流通過程を、緊張関係を保ちつつ身近な問題とかんがえていきたい。(中略)「出版の自由」「図書館の自由」は、業界と社会との接点を示す概念として、大きな視野で、自らをきたえてゆかなければならない。ここに図書館と流通界を横断し、メディア図書を扱う新雑誌を構想するゆえんである。(中略)



 以上のような課題を盛り込んでいきたい新雑誌に、実は密かにもうひとつ期待しているものがあるのだ。



 なんと云っても、まち、むらや学校の大・小さまざまな図書館、書店、出版業が私達の現場であり、原点である。図書館員、書店、出版関係者の現場の手記、良質で斬新なノンフィクションの掲載という野心である。(後略)

担当から一言

図書館にいる人・図書館に行く人・図書館に世話になる人・そして図書館に気になる人

著者プロフィール

ず・ぼん1編集委員会(ズボン1ヘンシュウイインカイ)

堀渡(公立図書館職員)



宮崎俊郎(学校事務職員)



胸永等(大学職員)



手嶋孝典(公立図書館職員)



佐藤秀春(市役所職員)



斎藤誠一(公立図書館職員)



東條文規(大学図書館職員)



真々田忠夫(高校図書館職員)



沢辺均(ポット出版)

関連リンク

[ず・ぼん全文記事公開] ず・ぼん1 タイトル一覧








コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.