図書館とメディアの本 ず・ぼん12 偕成社と児童書出版

発行:ポット出版
ず・ぼん編集委員会 編
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-939015-93-9(4-939015-93-9) C0000
B5判 / 224ページ /並製
[2006年10月刊行]

書籍のご購入は右側から ⇒


内容紹介

図書館とメディアの本、『ず・ぼん』の12号。偕成社・今村正樹社長による講演録「絵本・児童書出版の歴史と現在」。急速に進む図書館のIT化を担当者が語り合った「コンピュータシステムが変えていく図書館のかたち」。他に、地方・小出版流通センター・川上賢一氏のロングインタビューなど。

目次

○写真で見る図書館③

「水害」



○偕成社の歴史をひもといて語る

「児童書出版は、戦後どのように成長してきたか」

 偕成社社長・今村正樹



○システム担当者座談会

「システムが変えていく図書館のかたち」



○国立国会図書館・JAPAN/MARCの現場を歩く[インタビュー]

「国会図書館は、どうやって本を集めMARCを作っているんだろう?」



○委託導入後の図書館の変化・働き方の変化

「委託 図書館解体が進むのか 再生のきっかけになるのか」



○船橋市西図書館蔵書廃棄事件と図書館裁判を総括する

「思想の寛容がなければ図書館の自由は守れない」



○川上賢一ロングインタビュー

「地方・小出版流通センターの31年」



○東京都教育庁発表の「具体的方策」を考察する

「都立図書館はどこまで後退するのか」

関連リンク

[ず・ぼん全文記事公開] ず・ぼん12 タイトル一覧




コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.