2012-08-18

『百年の憂鬱』の書評が掲載されました●「All About」

百年の憂鬱』(伏見憲明)の書評が「All About」に掲載されました。
ゲイライターの後藤純一さんによる書評です。
ありがとうございます。

続きを読む…

2012-08-18 16:47 [ポット出版]

2012-08-17

『百年の憂鬱』刊行記念・エフメゾ・トークライブ
「100%の自由や平等は、人を幸せにはしない!?」
中村うさぎ×伏見憲明

2012年8月4日、伏見憲明さんがママを務める「エフメゾ」のカフェ営業(毎月第一土曜日)にて、
作家の中村うさぎさんと『百年の憂鬱』著者・伏見憲明さんのトークライブが開催されました。
弊社新刊の『百年の憂鬱』をテーマに、恋愛、パートナーシップ、中年の恋/アイデンティティについて、
たくさんの笑いを織りまぜながら、熱く語っていただきました。
続きを読む…

2012-08-17 15:36 [ポット出版]

2012-08-09

『百年の憂鬱』の書評が掲載されました●『サンデー毎日』

百年の憂鬱』(伏見憲明)の書評が「サンデー毎日」2012年8.19-26夏期合併号・「本紙連載陣26人の厳選イチオシ本」コーナーに掲載されました。
作家の中村うさぎさんによる書評です。
ありがとうございます。

続きを読む…

2012-08-09 0:12 [ポット出版]

2012-08-07

「石川輝吉の“どうぞご自由に”レジュメ集」を更新。クリエイティブ・コモンズ・ラインセンスをつけました

哲学者・石川輝吉による“どうぞご自由に”レジュメ集『道徳の系譜』(ニーチェ)編を更新しました。

みなさまのご興味やニーズに合わせて、どうぞご自由に読んで使っていただければ幸いです。レジュメは「詳細レジュメ」、「要約レジュメ」、「“帰ってきた”レジュメ」の三つのシリーズから成っています。同じ哲学のテキストについて、三つの視点からまとめています。それぞれのコンセプトは以下のようになっています。

詳細レジュメ→読書のお伴に。補足や解釈もかなり入ったものです。哲学書をじっさいに読んでみたい方、どうぞ。

要約レジュメ→レジュメ=要約という本来のコンセプト。細かい部分はさておき、哲学書に書かれている内容をてっとり早くつかみたい方、どうぞ。

“帰ってきた”レジュメ→哲学者が現代によみがえったら、どんなふうに自分の書いた本の内容をしゃべるか。そんなコンセプトでまとめたものです。基本的にテキストの内容には即しているけれど、かなり自由にしゃべっている部分もあります。哲学書に興味のない方含め、いろんな方、どうぞ。

どのレジュメも、テキストに即してつくったつもりですが、石川の視点や解釈が入っています。まちがいだと感じられる部分、やりすぎな部分、不十分な部分もあるはずです。

このレジュメから、また先に進んでいただいても、オーケーとしていただいても、どんなかたちであっても、哲学が世のなかに少しでも広まれば、と思っています。

また、新たに「表示・非営利」のクリエイティブ・コモンズ・ラインセンスをつけました。非営利であれば、著作権表示をしたうえで、どうぞご自由にお使いください。

2012-08-07 18:04 [ポット出版]

2012-08-01

「百年の憂鬱」発刊記念ドロ沼企画! その恋の悩み、伏見憲明が引き受けましょう!!!!

そこのあなた、恋をこじらせていませんか?
百年の憂鬱」で中年の恋を描ききった伏見憲明がその悩みにお答えします。
「いい歳こいて中学生みたいな恋にはまってる…」
「周囲がドン引きする人に恋してる…」
「彼氏が変態過ぎてヤバい」
Twitterでも電話でもハガキでも何でもOK! 思い切りぶっちゃけてください!

◎相談日

8/5(日)〜8/8(水)、8/8(水)〜不定期に伏見憲明さんがツイキャス上で、寄せられたお悩みにまとめてお答えします(ゲストもあり!)。放送前には Twitterで告知をします。恋に悩む老若男女は伏見さんのアカウントを是非フォローしてください!!

◎伏見さんに恋の相談をしたい人は……
Twitter ポット出版のアカウントにリプライを飛ばしてください。
メール 担当編集・高橋宛て(taka★pot.co.jp)〈★を@に〉に送ってください。
ファックス 03-3402-5558まで。
ハガキ 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-33-18 #303 「伏見恋愛相談室」まで。(締め切り・8/7〈火〉必着)
お電話 8/2(木)〜8/3(金)、8/6(月)〜8/7(火)の10:00〜18:00に03-3478-1774までお電話していただき、高橋を呼び出してください。
泥沼のように暑い夏と恋のもやもやを吹っ飛ばしましょう![文●高橋大輔]

【2012.8/8追記】
お悩み相談の模様はアーカイブで視聴可能です。

2012-08-01 17:28 [ポット出版]

銀座・ヴァニラ画廊にて春川ナミオ展「ドミナの園」開催 7月30日(月)〜8月11日(土)

2012年7月30日(月)〜8月10日(金)まで、銀座・ヴァニラ画廊にて『絵物語 ドミナの園』発行に合わせて、春川ナミオ展「ドミナの園」が開催されています。
会場では、著者のサインが入った『絵物語 ドミナの園』の販売も行なわれています。

namio_78.jpg

『ドミナの園』発売記念・春川ナミオ展開催

場所●ヴァニラ画廊
〒104-0061
東京都中央区銀座 6-10-10 第2蒲田ビル4階
日時●2012年7月30日(月)〜8月11日(土)まで
平日12時~19時/土曜・祝日12時~17時/日曜休廊

また7月14日(土)〜8月10日(金)まで、中野・タコシェでも春川ナミオ展を開催しています。

絵物語 ドミナの園


著●春川ナミオ
英訳●ドミニク・ウルフ
希望小売価格●2,800円+税(この商品は非再販商品です)
ISBN978-4-7808-0183-5 C0071
A5判 / 168ページ / 並製
[2012年7月27日刊行予定]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
絵物語 ドミナの園

2012-08-01 15:50 [ポット出版]

2012-07-31

TOWER RECORDS ONLINEでの連載「アイドルのいる暮らし」第3回:ぽこさん編を公開しました

TOWER RECORDS ONLINEでの連載「アイドルのいる暮らし」の第3回:ぽこさん編を公開しました。
著者は『グループアイドル進化論』共著者の岡田康宏(@supportista)さんです。
この連載は、ポット出版から単行本として刊行を予定しています。

平日のライブ会場やショッピングモールで行われるイベントで、いつも見かける大人の姿がある。けっこういい歳してるけど、この人たちはいったいどんな生活をしているのだろう?

大人のアイドルファンは、アイドルファンであるだけではなく日常を生きる社会人でもある。お金も暇もある大人のオタクには、元気なだけの若者にはない深みと趣きがある。ライフスタイルとしての現場系アイドルファン、大人のオタクの遊び方とは?
今回お話を伺ったのは、ぽこさん(@fewpoco)だ。30代後半のシステムエンジニア。結婚12年目の奥さんと2人暮らし。ブレイク直前のPerfumeを見に初めてアイドル現場に足を運び、その後のアイドル遍歴はAira Mitsuki、ぱすぽ☆、東京女子流、LinQなど。Perfumeファンのクラブイベント「Perfume Night」運営スタッフで、11年6月、ぱすぽ☆のフランスツアーに参加した25名のうちの1人。既婚者にしてガチ恋系。アイドルに限らず、カメラに小説、野球に競馬、フライフィッシングからオンラインゲームまで多彩な趣味を持つぽこさんに話を聞いた。

アイドルのいる暮らし 第3回:ぽこさん編

アイドルのいる暮らし 第2回:ガリバー編

アイドルのいる暮らし 第1回:童貞ゾンビ編

2012-07-31 19:43 [ポット出版]

2012-07-26

『絵物語 ドミナの園』の書評が掲載されました●メンズサイゾー

絵物語 ドミナの園』(春川ナミオ)の紹介記事がメンズサイゾーに掲載されました。
ライターの菊池美佳子さんによる書評です。
ありがとうございます。

お尻に敷かれて死ねたら本望! 巨尻ファン待望の一冊「ドミナの園」解禁

続きを読む…

2012-07-26 21:47 [ポット出版]

2012-07-13

中野・タコシェにて『ドミナの園』発売記念・春川ナミオ展開催 7月14日(土)〜8月10日(金)

2012年7月14日(土)〜8月10日(金)まで、中野・タコシェにて『ドミナの園』発売記念・春川ナミオ展が開催されます。
会場では、7月27日(金)発売の『絵物語 ドミナの園』の先行発売も行ないます。

namio_78.jpg

絵物語「ドミナの園」の発売を記念して、気高く豊満な女性のお尻に敷かれるM男の悦びを一貫して描いてきた春川ナミオ作品の展示を行ないます。

また7月30日(月)〜8月11日(土)には、銀座・ヴァニラ画廊にて春川ナミオ展が開催予定です。

『ドミナの園』発売記念・春川ナミオ展開催

場所●タコシェ
〒164-0001
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
日時●2012年7月14日(土)12時 〜 8月10日(金)20時まで

絵物語 ドミナの園


著●春川ナミオ
英訳●ドミニク・ウルフ
希望小売価格●2,800円+税(この商品は非再販商品です)
ISBN978-4-7808-0183-5 C0071
A5判 / 168ページ / 並製
[2012年7月27日刊行予定]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
絵物語 ドミナの園

2012-07-13 15:24 [ポット出版]

2012-06-29

TOWER RECORDS ONLINEでの連載「アイドルのいる暮らし」第2回:ガリバー編を公開しました

TOWER RECORDS ONLINEでの連載「アイドルのいる暮らし」の第2回:ガリバー編を公開しました。
著者は『グループアイドル進化論』共著者の岡田康宏(@supportista)さんです。
この連載は、ポット出版から単行本として刊行を予定しています。

平日のライブ会場やショッピングモールで行われるイベントで、いつも見かける大人の姿がある。けっこういい歳してるけど、この人たちはいったいどんな生活をしているのだろう?

大人のアイドルファンは、アイドルファンであるだけではなく日常を生きる社会人でもある。お金も暇もある大人のオタクには、元気なだけの若者にはない深みと趣きがある。ライフスタイルとしての現場系アイドルファン、大人のオタクの遊び方とは?
今回お話を伺ったのはガリバーさんだ。20代後半会社員。社会人5年目。大阪の実家で両親と暮らしている。ASAYAN世代で、福岡にいた大学生時代にハロプロにハマりアイドルファンに。狼脳でねとらじDJ、当初はハロプロ一筋だったが、ももクロがきっかけで他のアイドルも見に行く「DD」となり、2011年に参加した現場は341現場。遠征も含めて毎週末のイベント参戦は欠かさず、1日3現場から多い日には6現場を回す。今は愛媛・ひめキュンフルーツ缶を熱烈に応援しているという彼に、自身の応援スタイルや遠征、地方アイドルの魅力などについて話を聞いた。

アイドルのいる暮らし 第2回:ガリバー編

2012-06-29 12:20 [ポット出版]

2012-06-28

『劇画家畜人ヤプー4【復刻版】―無条件降伏編』(監修:石ノ森章太郎/原作:沼正三/作画:シュガー佐藤)を発売しました

新刊『劇画家畜人ヤプー4【復刻版】―無条件降伏編』を発売しました。

石ノ森章太郎(監修)×沼正三(原作)による戦後最大の奇書『家畜人ヤプー』のコミック化第四巻を復刻(初版は1994年「辰巳出版」より)。

目次など、詳細は以下をご覧ください。
劇画家畜人ヤプー4【復刻版】―無条件降伏編
続きを読む…

2012-06-28 16:49 [ポット出版]

『論集文字 第1号 改訂版―漢字の現場は改定常用漢字表をどう見るか』(編:文字研究会)を発売しました

新刊『論集文字 第1号 改訂版―漢字の現場は改定常用漢字表をどう見るか』を発売しました。

改定常用漢字表で、結局、なにが変わったのか?
新聞校閲、学校教育、業務システム、ネットと出版の現場から、身近な漢字の変化に迫る。
※本書は電子書籍「論集文字 第1号」(2011年5月)を改訂した紙版です。

目次など、詳細は以下をご覧ください。
論集文字 第1号 改訂版―漢字の現場は改定常用漢字表をどう見るか
続きを読む…

2012-06-28 16:28 [ポット出版]

2012-06-25

『絵物語 ドミナの園』(春川ナミオ/英訳:ドミニク・ウルフ)の予約受付を開始しました

2012年7月25日発売予定の新刊『絵物語 ドミナの園』の予約受付を開始しました。

お尻に敷かれて死ねたら本望!!!!!!!
豊かな女性のお尻に敷かれる悦びを描いて50年。
春川ナミオが贈る、輝くお尻の絵物語。
描きおろしの新作80点をあっ!と驚くストーリーとともにお届けします。
全ページ英訳付。

目次など、詳細は以下をご覧ください。
絵物語 ドミナの園
続きを読む…

2012-06-25 19:07 [ポット出版]

2012-06-12

『木造仮設住宅群』英語版PDF公開。本を購入いただいた方は無料でお送りします

木造仮設住宅への注目が海外でも高まっていることをうけ、弊社刊『木造仮設住宅群──3.11からはじまったある建築の記録』(2011年12月刊/制作・はりゅうウッドスタジオ/写真・藤塚光政)の英語版小冊子を作成しました。
___________19992961_001.jpg
___________19992961_003.jpg
『木造仮設住宅群──3.11からはじまったある建築の記録』をご購入いただいた方には、この小冊子を無料でお送りします。
このページの下にあるフォームからお申し込みください。

※申込期限◎2012年9月30日
※在庫がなくなり次第、配布を終了します。あらかじめご了承ください。

また、小冊子のPDFを公開しました。

・「wooden-temporary-housing-group-architecture-from-311」小冊子PDF(サイズ:7.7MB)

2012-06-12 14:01 [ポット出版]

2012-06-11

『論集文字 第1号 改訂版―漢字の現場は改定常用漢字表をどう見るか』(編:文字研究会)の予約受付を開始しました

2012年6月27日発売予定の新刊『論集文字 第1号 改訂版―漢字の現場は改定常用漢字表をどう見るか』の予約受付を開始しました。

改定常用漢字表で、結局、なにが変わったのか?
新聞校閲、学校教育、業務システム、ネットと出版の現場から、身近な漢字の変化に迫る。
※本書は電子書籍「論集文字 第1号」(2011年5月)を改訂した紙版です。

目次など、詳細は以下をご覧ください。
論集文字 第1号 改訂版―漢字の現場は改定常用漢字表をどう見るか
続きを読む…

2012-06-11 11:14 [ポット出版]

『劇画家畜人ヤプー4【復刻版】―無条件降伏編』(監修:石ノ森章太郎/原作:沼正三/作画:シュガー佐藤)の予約受付を開始しました

2012年6月27日発売予定の新刊『劇画家畜人ヤプー4【復刻版】―無条件降伏編』の予約受付を開始しました。

石ノ森章太郎(監修)×沼正三(原作)による戦後最大の奇書『家畜人ヤプー』のコミック化第四巻を復刻(初版は1994年「辰巳出版」より)。

目次など、詳細は以下をご覧ください。
劇画家畜人ヤプー4【復刻版】―無条件降伏編
続きを読む…

2012-06-11 11:04 [ポット出版]

2012-06-01

ねんねこりんの本、「クーヨン」「助産雑誌」で紹介

『あかちゃんのためのおくるみスリング ねんねこりんの作り方』(釘村千夜子著)が、
「助産雑誌」6月号(医学書院)と「月刊クーヨン」7月号(クレヨンハウス)で紹介いただきました。
ありがとうございます。

2012-06-01 9:49 [ポット出版]

2012-05-29

TOWER RECORDS ONLINEで連載「アイドルのいる暮らし」がスタートしました

TOWER RECORDS ONLINEで連載「アイドルのいる暮らし」がスタートしました。
著者は『グループアイドル進化論』共著者の岡田康宏(@supportista)さんです。
この連載は、ポット出版から単行本として刊行を予定しています。

平日のライブ会場やショッピングモールで行われるイベントで、いつも見かける大人の姿がある。けっこういい歳してるけど、この人たちはいったいどんな生活をしているのだろう?

大人のアイドルファンは、アイドルファンであるだけではなく日常を生きる社会人でもある。お金も暇もある大人のオタクには、元気なだけの若者にはない深みと趣きがある。ライフスタイルとしての現場系アイドルファン、大人のオタクの遊び方とは?
今回お話を伺ったのは童貞ゾンビさん(仮名)だ。30代後半。会社員。世田谷区内に買ったマンションで同い年の妻、3人の子供と暮らしている。90年代のはじめ、ribbon(1989-1994 永作博美、松野有里巳、佐藤愛子の3人組)をきっかけにしてアイドルにハマった彼は、制服向上委員会で一推しのメンバーが卒業したのと同時に一度はアイドルから離れ家庭を持ったが、05年12月にAKB48を見て再びアイドルの世界に戻ってきた。

AKBファンとしては劇場オープン直後の05年12月から参戦。半年で100MVP(*1)を達成し、現在も現役で活躍するオリジナルメンバーの初年度の生誕祭企画にも深く関わるなどなど、初期AKBの劇場の空気をよく知る人物でもある。第三子が生まれたことで時間的な余裕がなくなり、今はJK21などを中心に月に1度イベントに足を運べるかどうかという状態(本人曰く「現役を退いた身」)だと言う彼に、これまでのアイドル遍歴や応援スタイル、家庭との両立などについて話を聞いた。

アイドルのいる暮らし 第1回:童貞ゾンビ編

2012-05-29 11:23 [ポット出版]

2012-05-28

「ねんねこりん」+東日本復興支援プロジェクト

以前このブログでも報告したとおり
『ねんねこりんの作り方』刊行を記念して、
東北復興支援プロジェクトの活動「ふんばろう東日本プロジェクト」「ミシンでお仕事プロジェクト」南三陸ミシン工房で縫製されたスリング「ねんねこりん」が仕上がってきています。

刊行記念ということで、書籍とスリングのセットを特別記念価格6,700円で販売をはじめています。
本を読んでもなかなか自分でつくるのは……という方は、ぜひ仕上がったスリングを!

販売は、ねんねこりん工房のサイトからどうぞ→ねんねこりん工房
ポット出版でも取り扱いはできるのですが、
ねんねこりんの生地柄がいろいろ選択できるので、
ねんねこりん工房のサイトからどうぞお選びください。

2012-05-28 14:55 [ポット出版]

2012-05-25

マガジンポット新連載「テレクラ・ボーイズ」スタートしました

ポット出版サイト内のマガジンポットで新連載「テレクラ・ボーイズ」がスタートしました。

テレクラ・ボーイズ

1980年代にはじまるテレクラ黄金時代について、実体験をもとに語ります。
1週間に1回程度のペースで更新していきますので、お楽しみに!
以下は著者による「まえがき」です。

———–
いまや“出会い系”としては、絶滅危惧種となったテレクラ。しかし、テレクラは伝言ダイヤル、SNSなど、今に続く出会い系サービスの先駆けであり、見知らぬ男女が出会うための初めての社会的“装置”だった。
この連載では、出会い系の元祖たる、テレクラの黄金時代を振り返ってみたい。そこからこの国の男女はどう変わっていったのか、それとも変わらなかったのか、みえてくるものもあるかもしれないと思うからだ。
語り部の梶木俊作こと、私を簡単に自己紹介させていただこう。東京の下町に生を受け、同所で育ち、半世紀を生きる生粋の東京人。“下町の電通”と自称(詐称!?)する自らの企画会社で、真面目に仕事に打ち込む傍ら、日夜、どうしたら女性と出会い、セックス出来るかばかりを思考し、実践する。「一生懸命、遊ぶ」をモットーとする真面目な遊び人である。ストリートや合コンから、テレクラや伝言、ネット、SNSまで、出会い系は、ほとんど体験済。今回は“持ちネタ”の一部を公開させていただく。
なお、文中の名称などは、プライバシー保護(勿論、私のプライバシーが最優先だが)の立場から、一部仮称、創作であることをご了解いただきたい。

2012-05-25 14:50 [ポット出版]