図書館とメディアの本 ず・ぼん6 児童書は元気かい?

発行:ポット出版
ず・ぼん6編集委員会 編
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-939015-23-6(4-939015-23-8) C0000
B5判 / 160ページ /並製
[1999年12月刊行]

書籍のご購入は右側から ⇒


内容紹介

児童書を特集。作家、図書館、出版社、書店の児童書担当者が集まっての座談会、絵本作家でもある長谷川摂子の「三人の少年、少女への手紙」など盛りだくさん。新企画・「お棚拝見隊」は、よりよい図書館の棚づくりを目指し、八重洲ブックセンターへ突撃。

目次

特集 児童書は元気かい?







●読書をめぐって



 三人の少年、少女への手紙/長谷川摂子







●座談会



 買いたい本が減っている?



 新井彩子/大場絹代/荻野準二/黒石燿子/北村まり/新海きよみ/内藤弘美/野上暁/平井拓/舟崎克彦/柳原周/堀渡







●児童書について八つの質問/ず・ぼん編集部







●児童書は本当に売れなくなっているのか?/長岡義幸







●文庫のひと



 庄野宏美/吉田正彦/伊藤公代/伊藤倭子/富本京子/宮崎淳子







●図書館と書店と取次と/諸岡弘+湯浅俊彦







●『児童文学者人名事典』シリーズの出版に携わって



 未完成の完成へ/中西敏夫



————————————————————————————————



●境界人、菅原峻の途中総括



 ・助言者という選択/菅原峻



 ・情熱を内に秘めた芸術家/西川馨



————————————————————————————————



●浪江虔を偲んで



 ・元私立鶴川図書館を訪ねる/ず・ぼん編集部



 ・浪江虔ロングインタビューに載せなかったはなし



  「羽仁問題」の真相/東條文規



————————————————————————————————



●図書館スキ?キライ? ●石田豊







●立川市図書館のこだわり



 インターネットをレファレンスツールとして/斎藤誠一







●ひとりの学校司書が語る



 風景としての高校図書館/真々田忠夫







●町田市立図書館が嘱託員制度を導入するまで/手嶋孝典







● 図書館の現場から



 市民と利用者の間に/小形亮







●わたしの図書館宇宙6



 図書館員のファッション感覚/新海きよみ







●お棚拝見隊1



 八重洲ブックセンターの巻/お棚拝見隊







●ず・ぼんと読者

担当から一言

図書館に気になる人 メディアが気になる人 本が気になる人へ 



年1回発行第6巻

著者プロフィール

ず・ぼん6編集委員会(ズボン6ヘンシュウイインカイ)

堀渡(公立図書館職員)



東條文規(大学図書館職員)



手嶋孝典(公立図書館職員)



斎藤誠一(公立図書館職員)



真々田忠夫(高校図書館職員)



沢辺均(ポット出版)



佐藤智砂(ポット出版)



那須ゆかり(ポット出版)

関連リンク

[ず・ぼん全文記事公開] ず・ぼん6 タイトル一覧








コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*